disadvantages-car-leasing

記事内に広告を含む場合があります 知識・読み物

カーリースってデメリットだらけなの?|気になる5つのポイントを徹底解説

カーリースはデメリットだらけなの?徹底解説

月々○○円で○○に乗れる!といったカーリースの広告を見て「その金額なら支払える」と思った人も少なくないでしょう。

カーリースは、頭金が不要・月々定額で好きな車に乗れるのが魅力ですが、本当にデメリットだらけなんでしょうか。

この記事では、カーリースのデメリットを詳しく解説します。

実際にカーリースしてる人の話を聞いてみると、デメリットだらけではないような気もします。

自動車関連ライター・おまつ
本当はどうなのか、利用を検討している人はメリットと比較してみてくださいね。

関連記事借りてみたい!!カーリースのおすすめ比較ランキングベスト5社|迷っちゃうあなたへ

カーリースはデメリットだらけなの?5つを説明します。

disadvantages-car-leasing

カーリースのデメリットは下記の5通りです。

  • 中途解約はできない
  • 走行距離の制限がある
  • 事故やキズがある場合は追加料金が発生する
  • 車を購入するより割高になる可能性がある
  • ドレスアップやカスタマイズが不可

デメリットをしっかり把握し、それはあなたにとって本当にデメリットになるのか?

世間で噂されているように、本当にデメリットだらけなのかは、ちゃんと情報を知ってから、決めていきたいですよね。

デメリットを知って、それでもカーリースを利用するほうがいいのか検討してみてくださいね。

中途解約ができない

カーリースの契約期間中は中途解約ができません。

中途解約する場合は、解約金を支払う必要があります。

スマホの契約と同じようなイメージです。

状況によっては、高額な解約金を支払うことになるので注意しましょう。

カーリースを契約する際は「やはりあの車にしておけばよかった」と後悔しないような車種を選ぶと良いですね。

走行距離の制限がある

カーリースには走行距離の制限があります。

契約時に設定された走行距離の制限を超えてしまうと、追加料金が発生し、リース終了時に超過分を支払わなければならないのです。

月1,000km〜2,000km程度を目安にして利用すれば、走行距離の制限内で収まるでしょう。

走行距離の制限はカーリース会社によって異なるので、契約するカーリース会社に確認してみてくださいね。

事故やキズがある場合は追加料金が発生する

リースした車で事故に遭ったり、ぶつけてキズを付けたりした場合も追加料金が発生します。

カーリースは契約する際に、リース終了時の車の残価(価値)が設定されます。

残価は数年後に売却した際の、車の価値です。

つまり、将来の車の査定額を指します。

リース車を返却する際、契約時に設定された残価より低くなってしまうと、差額を支払う必要があるのです。

車にヘコミやキズがあると、もちろん車の価値は下がりますよね。

そのため、リース車を利用する際は、より一層気をつけて運転しなければなりません。

エネキーブログ好き管理人のペット
リース中に事故を起こしたり車にキズを付けちゃうとカーリース会社に報告しないといけません。

車を購入するより割高になる可能性がある

車を購入するより、カーリースをした方が割高になる可能性があります。

なぜなら、総支払額にリース会社の利益が含まれているからです。

また、月々の支払いに含まれている車検代や税金にも金利が発生しています。

そのため、カーリースよりマイカーローンで車を購入した方が結果的に安いのです。

とはいえまとまった出費がなく、家計の負担が少なくなるというメリットの方が大きいと感じる方は、カーリースを利用していますよ!

管理人
あなたにとってメリットの方が大きいのであれば、大丈夫なんです。

カーリース会社もどこかで利益を出さないといけないですよね。

契約時にまとまった出費が要らないのがかなり大きいので、ここは割高でも仕方ないと思えますね。

ドレスアップやカスタマイズが不可

リースした車は、ドレスアップやカスタマイズができません。

もともと標準装備されているものから、自分で購入した他の製品に交換ができないのです。

しかしカーリース会社によって、返却時に現状復帰させれば可能な場合もあります。

契約した車は、カーリース会社の所有物のため、安易にドレスアップやカスタマイズはしない方が良いでしょう。

一度、申し込もうと思っているカーリース会社に聞いてみるといいですね。

関連記事カーリースの審査が甘いってあるの?|審査がない会社や落ちた場合の対策も解説

カーリースはデメリットだらけなのか?|きちんと知ればそうばかりでもないんです

disadvantages-car-leasing

カーリースは、走行距離が制限されていたり、契約期間中にキズを付けたりすると返却時に追加料金を支払わなければなりません。

さらに、ドレスアップやカスタマイズができないため、車を自由に使えないでしょう。

また、カーリースはマイカーローンで車を購入するより割高になる可能性があります。

まとまったお金があり金利や手数料を抑えたい人は、カーリースではなく購入することをおすすめします。

こういったデメリットではありますが、あくまでもこれは一般論なんです。

初期費用が不要で、毎月の支払いが定額なカーリースは家計の負担が少ないというメリットがとっても大きいんです。

エネキーブログ好き管理人のペット
カーリースは、キャッシングローンより審査に通りやすいこともメリットだよ!

カーリースには向き・不向きがあるので、ご自身の状況を把握し、利用するか検討してみてくださいね。

自動車関連ライター・おまつ

\この記事を書いた専門家/

某自動車ディーラーに5年半勤務し、営業や整備士のサポートを経験。
車に関する書類の手続きと任意保険の見積もり作成、契約手続きをしていたので自動車保険も得意分野。
自動車ディーラーの内部事情にも詳しい。
現在はディーラーでの経験を活かし執筆している、自動車関連フリーライター。

関連記事SOMPOで乗ーるの口コミ・評判を調査!|利用者のリアルな声をご紹介します
関連記事業界最安値リースナブルの口コミ調査!|本当にあの高級車に乗れるのか使った人に聞いてみた

-知識・読み物

error: Content is protected !!